クリアポロン 医療機関

クリアポロンと医療機関だとどっちがお得?ステマなしの事実とは

 

クリアポロン医療機関

 

イボ(角質)ケアとスキンケアを両方解決してくれるイボケア用ジェル、クリアポロン

 

使った人の90%以上が満足しているオールインワンジェルです。

 

そんなクリアポロンですが、皮膚科など医療機関でイボケアするか、それともクリアポロンを使ってイボを治すか迷われている方もいるでしょう。

 

そこでクリアポロンと医療機関を比較してみました。

 

この記事を読めば、どちらでイボケアすればいいのかたちどころに把握できます。

 

クリアポロンVS医療機関|老人性イボの治りが早いのはどっち

 

まず、クリアポロンですが、配合しているヨクイニンエキスなどの成分で新陳代謝を正常化し、老人性イボを改善します。

 

お肌の生まれ変わり、ターンオーバーは時間がかかります。

 

ターンオーバーの周期

  • 10代・・・約20日
  • 20代・・・約28日
  • 30代・・・約40日
  • 40代・・・約55日
  • 50代・・・約75日
  • 60代・・・約100日

 

ターンオーバーの周期を見ると1ヶ月から2ヶ月くらいでお肌が生まれ変わることがわかります。

 

ただ、数回ターンオーバーを繰り返さないと老人性イボは改善しません。

 

メーカーが推奨しているようにクリアポロンを使って老人性イボを改善する目安は3ヶ月くらいです。

 

実際、口コミを見ると改善の目安は3ヶ月程度でした。

 

次に、民間の医療機関の場合、二通りの治療方法があります。

 

まず一つ目はヨクイニンなどを塗布してイボを取る方法。

 

これはクリアポロンと同じ治療方法ですね。

 

個人差はありますが、数ヶ月から一年くらいで効果が出てきます。

 

そして、二つ目の治療方法はレーザーで老人性イボを切除する方法です。

 

この治療方法は物理的にイボを取るので確実ですが、意外に時間はかかります。

 

まず炭酸ガスレーザーを照射した後、かさぶたになり経過を見ます。

 

そして改善の目安は大体3ヶ月から6ヶ月程度です。

 

クリアポロンの場合、症状によって効果が出ない場合がありますが、レーザー治療は確実性があります。

 

この辺は好みが分かれる部分でしょうね。

 

クリアポロンVS医療機関|費用が安いのはどっち

 

老人性イボを治すのに費用がどれくらいかかるのか気になる部分ですよね。

 

まず、クリアポロンの費用ですが、公式キャンペーンサイトを利用すると初回73%オフ1,944円で始められます。

 

二回目以降は5,440円なので三ヶ月使うと一日当たりのコスパは152円です。

 

これが最も安くクリアポロンを続ける方法です。

 

次に医療機関の費用をご紹介します。

 

医療機関でイボをレーザー治療する場合、保険は適用されません。

 

また、イボの大きさや個数、イボの範囲で費用も違ってきます。

 

おおよその相場はイボの直径が1ミリ以下の場合5,000円程度です。

 

なので、イボが複数個あった場合は数万円の予算が必要でしょう。

 

やはり、費用を限りなく抑えるならクリアポロンのほうが安上がりと言えます。

 

結論として、まずはクリアポロンを使って改善が難しい場合は医療機関にかかるのが現実的と言えますね。

 

よく読まれている記事

 

クリアポロン 口コミまとめ
クリアポロン 効果なしの真相
クリアポロン 評判特集