クリアポロン デメリット

クリアポロンの口コミで発覚したデメリットを暴露!誰も書かない真実とは

 

クリアポロンデメリット

 

シリーズ累計10万個を突破した驚異的な人気を誇るクリアポロン

 

使った人の90%以上が効果に満足した評価の高いオールインワンジェルです。

 

そんなクリアポロンですが、メリットばかり紹介しているサイトが多いです。

 

ですが、クリアポロンにはデメリットも実はあるんですね。

 

今回は、ほとんどのサイトがひたすら隠そうとするクリアポロンのデメリットを暴露したいと思います。

 

クリアポロンの口コミでわかったデメリットとは

 

即効性がない

 

クリアポロンを一ヶ月使いましたが、一向に首イボが減りません。

 

40代だと肌のターンオーバーが遅いので三ヶ月くらい使わないと効果を実感できないのかもしれません。

 

ただ、使い心地はいいですね。

 

それほどべったりもせず、さらっとした使い心地です。

 

解約したいけれど最低3回は使わないとダメなんですよね。

 

40代 混合肌

 

値段が高い

 

クリアポロンは値段が高いですね。

 

医薬品みたいな値段なので、正直悩みましたが気になっていたので思い切って購入しました。

 

私はそこまでひどい首イボではないですが、試したところ何となく薄くなってきました。

 

このまま使用を続ければ、改善しそうな感じなのでとりあえず続ける予定です。

 

30代 乾燥肌

 

クリアポロンの3つのデメリットはこちら!

 

口コミで発覚した3つのクリアポロンのデメリットを晒します。

 

即効性がない

 

クリアポロンは医薬品ではなく、医薬部外品なので劇的な効果はありません。

 

実際、口コミで効果が出る期間を調査しましたが、効果を実感する平均的な期間は3ヶ月程度でした。

 

 

なので、即効性を求めている方には向いていない商品ですね。

 

もし、すぐに老人性イボを改善したい方はレーザー治療のほうが向いているでしょう。

 

値段が高い

 

クリアポロンは通常価格で購入すると、7,344円です。

 

クリニックでレーザー治療を受けると、1ミリあたり2,000円から5,000円程度で済む場合があります。

 

イボの大きさによって料金が変わるので一概には言えませんが、ご自身のイボの状態を見てクリニックに通うのも一つの方法と言えます。

 

レーザー治療はシミになったり、総額が高くなるデメリットもありますが、一度検討されるのもよいでしょう。

 

定期シバリがある

 

クリアポロンの定期は3回の定期シバリがあります。

 

老人性イボは改善するのにある程度の期間を要します。

 

なので、三回の定期シバリは理にかなっていますが、シバリが苦手な方は単品購入もありでしょう。